PC作業

不動産管理ソフトを使った長期修繕計画書作成のメリット

キャリアウーマン

マンションの管理を行う不動産会社の業務は多岐にわたりますが、長期修繕計画の策定もその1つです。分譲マンションの管理業務を委託されている管理会社が、管理組合に渡す長期修繕計画書を作成するには、専門家による建物の劣化診断にが欠かせません。事前調査に基づいてマンションの劣化具合を判断し、どの箇所にどのような補修工事を実施すべきかを管理組合に提案することになります。
十数年に1回程度の頻度で行われるマンション大規模修繕工事では、こうして作成した長期修繕計画書に基づいて、工事の見積もりが行われるケースが大半です。賃貸マンションも分譲マンションと同様に、建物の経年劣化が避けられません。そのため賃貸管理会社でも入居率の向上や、修繕履歴の把握を目的に、長期修繕計画書を作成するのが望ましいと言えます。
それだけ重要な役割を果たす長期修繕計画書を作成するやり方としては、非効率的な表計算ソフトよりも不動産管理ソフトの方がおすすめです。物件管理から収支管理に至るまでの業務を効率化する不動産管理ソフトの中には、長期修繕計画書の作成機能を備えた製品も少なくありません。そうした多機能型の不動産管理ソフトを導入することで、マンション管理会社も賃貸管理会社も長期修繕計画書の作成が楽になり、業務効率化が実現されるのです。

PICK UP

RECENT POSTS

2019年07月17日
メリットが多い不動産管理ソフトの導入を更新しました。
2019年07月17日
不動産管理は専用ソフトを導入すればミスが減るを更新しました。
2019年07月17日
不動産管理ソフトを使った長期修繕計画書作成のメリットを更新しました。
2019年07月17日
不動産管理ソフトを導入し業務を楽にしようを更新しました。