PC作業

不動産管理に関する業務を簡単にしたいのならソフトの導入を

!マークと男性

所有する不動産が増えれば増えるほど、手間がかかるのが賃貸管理です。借手が見つかるまでの空室管理や、借手が見つかった後の契約や月々の賃料の請求、滞納に対する対応やクレーム処理など、様々な業務に追われることになります。こうした業務を手軽に行いたい、賃貸管理にかかるコスト削減をしたいという場合は、不動産管理システムを導入することがおすすめです。
賃貸管理に関する業務を、それぞれの担当が分担する形となれば、連携ミスなど人為的ミスが増えやすくなります。それぞれの情報が別々の場所にあり、担当者が異なる場合は、修正だけで多くの手間と時間を取られることは少なくありません。賃貸管理を始め、入金や出勤、クレーム管理など、不動産に関する様々な情報を一元管理することができる不動産管理システムがあれば、ミスに気づきやすく、人件費削減に繋がるというメリットがあります。
賃料の滞納などがあれば、すぐに気づくこともできるため、請求をし忘れるということもありません。そのため、不動産が増えて管理が大変と感じるようになったら、不動産管理システムの導入を考えておくと良いでしょう。体験版を活用すれば、使い勝手などを確認した上で、不動産管理システムの導入ができるようになります。

これからの業務を楽にしてくれる不動産管理ソフト

従来の不動産管理をシステムやソフトを使って行なうという会社も増えています。
これによりこれまで行なってきた業務を改善することができ、効率的な時間の使い方や、手続きの簡素化を実現することができます。
業務の効率化を行なううえで重要なのが不動産管理ソフトの選定で、クラウド型の不動産管理ソフトや無料で提供されているものなど、不動産を管理するためのソフトにもさまざまなものが開発されています。
不動産管理で欠かせない業務として賃貸管理があり、アパートやマンションの入退居管理や、家賃の入金管理などを包括的に行なうことのできる管理ソフトも多くあります。
入居者のデータや手続きなどもシステムを使って行なうことが可能であるため、入居者ごとの管理もしやすく、効率的に賃貸管理を行なうことができます。
不動産管理ソフトを導入する際には、現在行なっている業務を振り返り、改善点がないかどうかを確認しながら、弱点を補ってくれるソフトを探すことで、賃貸管理に最適なものを見つけやすくなります。
また場合によってはこれまで管理していたデータを移す作業も必要になるので、データの読み込みや移行しやすいシステムや会社を選ぶことで、ソフト導入による手間を出来る限り省くことができます。

クレーム対応にも使える不動産管理ソフト

賃貸管理を主な事業として、手がける不動産会社の担当者が頭を悩ませている問題の1つに、入居者からのクレームが挙げられます。日々寄せられるクレームには近隣からの騒音に関する苦情が最も多く、ゴミ出しに関する苦情も後を絶ちません。エアコン・給湯器の故障、漏水・電気系統トラブルなど、マンションやアパートの設備不良に関するクレームも考えられます。
賃貸管理会社はそれらのクレームに可能な限り迅速に対応することが求められ、その都度クレームの内容や対応結果などを記録しておかなければなりません。表計算ソフトなどを使ってこうしたクレーム管理を行うやり方は決して効率的とは言えず、人件費も余計にかかってしまう点が問題です。
物件管理や、賃貸契約管理などの業務を効率化できる不動産管理システムの中には、クレーム管理機能が含まれる製品もあります。そうしたオールインワン型の不動産管理システムを導入することで、入居者からのクレームに関する記録がデータベース化され、過去の事例なども迅速に検索できるようになります。賃貸管理会社の信頼性はこうしたクレームへの対応にかかってくる面もありますので、勘だけに頼らず不動産管理システムでしっかりとクレーム管理を行うことが大切なのです。


お客様の安心・未来を支える会社!賃貸管理システムの事でお悩みなら《株式会社コンシスト》にお任せ!《株式会社コンシスト》は疑問や質問もシステムを制作した立場からサポートします!

PICK UP

RECENT POSTS

2019年07月17日
メリットが多い不動産管理ソフトの導入を更新しました。
2019年07月17日
不動産管理は専用ソフトを導入すればミスが減るを更新しました。
2019年07月17日
不動産管理ソフトを使った長期修繕計画書作成のメリットを更新しました。
2019年07月17日
不動産管理ソフトを導入し業務を楽にしようを更新しました。